TDL美女と野獣は「シス調」が多い?!原因考察と遭遇時の対応

あのコテージが、目の前に!

2020年9月28日にグランドオープンしたアトラクション、「美女と野獣”魔法のものがたり”」。

踊るように動くカップに乗って映画の中に入り込めると、大人気です!

ですがこのアトラクション・・・オープン以来、「運営中止」が相次いでいるんですよね・・・(_ _|||)

「システム調整」と呼ばれるもので、「何らかのトラブルが発生したので、一時的に乗れません」という状態・・・

せっかく行ったのに乗れないとなると、かなりショックですよね。

そこでここでは、システム調整になってしまう原因、そして、そのときにどういう対応が取られるのかという点を解説していきます!

但し、原因はあくまで筆者の推測なので、その点悪しからずm(_ _)m

東京ディズニーランド「美女と野獣”魔法のものがたり”」システム調整の原因考察

美女と野獣"魔法のものがたり"
美女と野獣”魔法のものがたり”

まずはシス調になってしまう原因を、探ってみましょう!

「原因なんてどうでもいいから、早く代替措置が知りたい」という方は、こちらへどうぞ。

シス調≒安全装置作動

まず前提として、システム調整に陥るのは、十中八九「安全装置が作動したため」です。

アトラクションの故障などはほぼありません。

「安全装置作動」とは、「何らかの異常を検知したから、安全のために動かすのを止める」というシステム。

コンピュータ制御で自動で行われます。

例えば、ゲストが乗り物から床に降り立ったのを検知した、など。

自動で止まってしまうため、復旧に当たっては、その原因を突き止めるのに時間がかかったりするわけですね。

ということは問題は、「なぜ安全装置がそんなに頻繁に作動してしまうのか」という点。

この点を考えていきたいと思います!

原因その1.落とし物

まず考えられるのは、ゲストの落とし物

乗り物が動く場所に物が落ちていると、その動きに支障をきたすことが考えられますよね。

そういう理由で、安全を司るコンピュータは、落とし物には敏感に反応するものと思われます。

特に美女と野獣のアトラクションは、東京ディズニーリゾートにある同タイプのアトラクションとしては異例の、乗車中撮影OK

ゲストがスマホやカメラを落として、そのために安全装置が作動、ということは十分に考えられます。

 

ですが・・・「そんなに頻繁に落とすもんかな?」というのも、正直なところですよね。

また、落とし物が原因なら、数分~数十分で復旧しそうなものです。

しかし美女と野獣は、長い時で、復旧に数時間を要することも

どうやら、別の原因もありそうです。

ということで、次に考えられるのが、以下の原因。

原因その2.システム設計ミス

さかのぼること201X年、東京ディズニーランドの「プーさんのハニーハント」で、シス調が相次ぎました。

その原因だったのが、落とし物ではなく、「そもそものシステムの不具合」。

・・・実はこれ、東京ディズニーリゾートを運営する「株式会社オリエンタルランド」の社員さんから聞いた話です。なので、詳細は伏せて話します。

そのときと同じことが、今、美女と野獣で起こっているのではないかと思うのです。

ちなみにこれは単なる推測ではなく、当時と今とを比べて、きちんと根拠もあります。

 

とはいえ、その不具合というのは、「不具合」とか「設計ミス」とか呼ぶには気が引けるくらい、仕方がない現象だったんです。

ただしかし、システムそのものに課題があって、当時問題が頻発していたのは事実。

ハニーハントはその後システムを刷新して、その不具合は起こらなくなりました。

 

もし、それと同じように、美女と野獣でもシステムの刷新を行うとなると、安定した稼働までには時間がかかることが想像されます。

つまり、この先数か月は、今のようなペースでシス調が続くかもしれないということ。

・・・ちょっと嫌な未来ですが、現実性は高いと思っています。

 

以上が、相次ぐシス調の原因推測です!

ちなみに、ちょっと余談ですが、エントリー受付の当選率アップ法について、こちらにまとめました。

美女と野獣"魔法のものがたり"

【結論編】TDRエントリー受付で当選率を上げる方法を考察!

エントリー受付の当選率を上げる方法を解説!「美女と野獣"魔法のものがたり"」や「ミッキーのマジカルミュージックワールド」、「ビッグバンドビート~ア・スペシャルトリート~」、キャラクターグリーティング施設などを体験したい方に役立つ情報を提供しています。

興味があれば、合わせてごらんください♪

 

さて本題に戻り、ここからは、「自分がシス調に遭遇したとき、どうなってしまうのか?!」という点をお話ししていきます。

システム調整時の対応:「マルチエクスペリエンス」の発行

石のアーチから見える「美女と野獣」のお城
石のアーチから見える「美女と野獣」のお城

結論、シス調に遭ってしまった場合、ほぼ100%「マルチエクスペリエンス」が発行されます

「マルチエクスペリエンス」とは、「(少々制約はあるものの)好きなアトラクションに、いつでも・少ない待ち時間で優先的に乗れる券」(詳しくは後述します)。

「ほぼ」100%と言っているのは、パークが公式に、「シス調の際はマルチエクスペリエンスを発行しますよ」とは言っていないから。通例発行されている、というだけです。

9/25現在、「美女と野獣”魔法のものがたり”」はエントリー受付対象ですから、マルチエクスペリエンスは

  • アトラクション体験中にシス調
  • (エントリーで指定された時間に)並んでいる際にシス調
  • シス調が続いていて、エントリーで指定された時間が来てしまった

基本的に上記のどれかに遭遇すれば、発行されます。

マルチエクスペリエンスのもらい方

美女と野獣でマルチエクスペリエンスを発行してもらうには、「キャストさんに2次元コードをスキャンしてもらう」必要があります。

  • パークチケットの2次元コード
  • エントリーの2次元コード

どちらでも可です。

自動でもらえるわけではないので要注意です!!

アプリの場合は、エントリーのパスが、マルチエクスペリエンスに変わるはずです。

マルチエクスペリエンスの詳細

マルチエクスペリエンスとは「好きなアトラクションに、いつでも・少ない待ち時間で優先的に乗れる券」と書きましたが、100%好きなアトラクションに・いつでも乗れるわけではありません。

いくつか種類があるのですが、美女と野獣で発行されるマルチエクスペリエンスの場合、

  • 使用可能期間:翌日から2年間
  • 対象アトラクション:東京ディズニーランド・シーの全アトラクション

上記の通り。

どれにでも乗れますが、使えるのは「翌日以降」なので注意が必要ですね。

あ、もちろん、パークチケットまではついてきません笑

マルチエクスペリエンスを使うには、2年以内にまたチケットを買って入園する必要があるわけです。

ちょっと例を挙げますね。

  • OKな例
    • 翌日にチケットを買ってランド入園、美女と野獣に使う
    • 1年後にチケットを買ってランド入園、「スプラッシュ・マウンテン」に使う
    • 1年後にチケットを買ってシー入園、「ソアリン:ファンタスティック・フライト」に使う
  • NGな例
    • 当日、運営を再開した美女と野獣に使う
    • 1年後にチケットを買ってランド入園、「ミッキーの家とミート・ミッキー」に使う

NGな箇所に線を引いています。

意外に落とし穴なのですが、「ミッキーの家とミート・ミッキー」は、「キャラクターグリーティング」であって、アトラクションではないので使えません(TT)

マルチエクスペリエンスの使い方

アプリ上で発行した場合

乗りたいアトラクションのキャストさんに声をかければ、2次元コードを読み取って、列の前の方に入れてもらえます

そのため、アプリの「プラン」には、期限が切れるor使用するまで「マルチエクスペリエンス」がずっと表示されていることになります。

通常のパークチケット等は、翌日になると自動で消える仕様です。

紙のパークチケットに付与してもらった場合

アプリと同じく2次元コードで確認をしますが、もちろんその2次元コードとは、発行時のパークチケットのものです。

その2次元コードに、マルチエクスペリエンスが紐づいています。

ですから、「今日はあの時のマルチエクスペリエンスを使うぞ!」という時は、当時のチケットも持って入園する必要があります

当日のチケットと合わせて、2枚のチケットを持って入る、ということですね。

当日の対応に要注目!!

と、ここまで、シス調時の対応について紹介してきたわけですが、対応は時と場合によって十分変わり得ます

例えば・・・

  • アプリ上で勝手にマルチエクスペリエンスに変わった!
  • 当日乗れることになっている!

などなど。

ですので、ここに書いたことを100%信用せず、詳しくはキャストさんのアナウンスに従ってくださいね(^^)

 

というわけで、今回は以上です。

「美女と野獣”魔法のものがたり”」が一日も早く安定稼働するよう祈りながら、終わりにしたいと思います(#^^#)