【コロナ禍ディズニー】パレード/ショーはなぜ縮小?21年の再開は?

休園中の東京ディズニーシーエントランス

東京ディズニーリゾートでは、現在、コロナ禍運営が続いています。

例えば・・・

  • 入園者数の大幅な制限
  • 一部施設のエントリー受付、スタンバイパス

上記のような対策がとられています。

そしてそれに加え、「スペシャルイベントの中止」「パレード/ショーの大幅縮小」という事態(TДT|||)

9/25現在、開催されているパレード/ショーは

  • 東京ディズニーランド
    • ドリーミング・アップ!
    • ミッキー&フレンズのキャッスルグリーティング
    • ミッキー&フレンズのグリーティングパレード
    • ナイトフォール・グロウ(「まん延防止等重点措置」期間中は公演なし)
    • ミッキーのマジカルミュージックワールド
    • クラブマウスビート
    • ディズニー・ライト・ザ・ナイト
  • 東京ディズニーシー
    • ミッキー&フレンズのハーバーグリーティング
    • トランジットスチーマー・グリーティング
    • ビッグバンドビート~ア・スペシャルトリート~
    • ディズニー・ライト・ザ・ナイト

のみです。

「『レッツ・パーティグラ!』が大好きなのに!」「ダッフィーのショーを観たい!」という気持ちもありますよね。

屋内のショーならともかく、なぜ昼のパレードは通常開催してくれないの?というのが正直なところ。

まして、「なんで夜はエレクトリカルパレードじゃないねん!」と思いますよね笑

 

運営会社の「オリエンタルランド」は、「2021年3月期 第2四半期決算説明資料」の中で、その理由を明らかにしています。

この記事では、その理由の紹介と、ではいつになったらいつものパレード/ショーが観られるのか?という予想をしていこうと思います!

コロナ禍のディズニー、パレード/ショー縮小の理由

グリーティングパレード(ベリー・ベリー・ミニー!ver)
グリーティングパレード(ベリー・ベリー・ミニー!ver)

率直に言います。

東京ディズニーランド・シーが、パレードやショーを縮小しているのは、「経費の削減のため」です。

急に現実(°Д°)戻りたい方は、どうぞブラウザをお閉じくださいm(_ _)m

前出の決算説明資料によりますと、2020年度下半期、パークでは1日1億円以上の赤字を垂れ流しながらの運営が続くとみられています。

・・・1日1億!?!?!?って感じですよね。

イベント中止、パレード/ショーは今のままの縮小状態、でこれですからね。

エンタメプログラムには

  • 出演者の人件費
  • コスチューム費
  • パレードフロート、バージ(シーの船)等の費用
  • そのメンテナンス費

等がかかってきますから、もしこれを再開したら、とんでもないことになってしまうわけです。

その後の発表によると、2020年10月~12月は予定より入園者数を増やすことができた(政府のガイドライン緩和による)ため、黒字になったとのことです!

 

というのが、簡単な説明。

ここからは、もう少し理由を深掘りしていこうと思います。

現行パレード/ショーの共通点

「経費削減」という視点で見ると、現在のパレード/ショーの内容にも納得がいきます。

ランドの昼のパレードはフロートが1台のみ、シーのハーバーショーも、バージ(船)は1隻です。

そしてなぜエレクトリカルパレードをやらないのかという点ですが、これも、規模縮小の一環と思われます。

「ナイトフォール・グロウ」は、もともと雨の日限定のパレードということもあり、フロート4台と、簡単な内容になっているのです。

でもその代わり、「眠れる森の美女」の3人の妖精に会えるというレア体験ができます!!

「ナイトフォール・グロウ」について詳しくは、こちらをどうぞ。

東京ディズニーランド「ナイトフォール・グロウ」

【激レア】TDL『ナイトフォール・グロウ』を徹底解説!

TDLの雨の日限定パレード「ナイトフォール・グロウ」を大特集!たくさんの画像とともに、フロートの紹介、公演条件、時刻、フロートの走行ルートまで徹底解説しています。観たことがないから内容を知りたい、今度雨が降りそうだから予習をしたい←大歓迎です!

入園者数の制限がカギ

こんな風に「経費を減らす」方向に動くのには、入園者数を制限していることもかかわっていると思います

通常期なら、お金をたくさんかけて、魅力的なエンタメプログラムを開催することが、ゲストの集客に一役買っていました。

「ディズニーのクリスマスに行きたい!」「このショーが観たい!」ということで、人が集まってきていたわけです。

しかし今は、入園者数を制限しています。

そして、そのチケットは連日売り切れ。

つまり、「これ以上何をしても、ゲストの数は変わらない」状態なわけです。

ゲストの数という意味では収入の上限に達していますから、利益確保のためには、出ていくお金―経費―を削減しようという方向に動くんですね。

とはいえ、パレード/ショーを完璧に0にしてしまうと、さすがに集客に困難が生まれそうです。

出演者の雇用の問題もあるでしょう。

ということで、集客・雇用と、コスト削減のバランスを取った運営が続いている、と言えると思います。

 

以上が、パレード/ショー規模縮小の理由です。

ここからは、これを踏まえて、一体いつになったら通常開催が戻ってくるのかという予想をしていこうと思います!

東京ディズニーリゾートにパレード/ショーはいつ戻る?

シンデレラ城に豪華なショーはいつ戻るのか…
シンデレラ城に豪華なショーはいつ戻るのか…

ここからは完全に、筆者の予想です。

結論、「2021年度は、現行パレード/ショー+『ビリーヴ!~シー・オブ・ドリームス~』」とみています。

「ビリーヴ!~シー・オブ・ドリームス~」は、2021年度に、東京ディズニーシーに導入が予定されている夜のハーバーショーです。

つまり、シー20周年のショーは加わるものの、基本的には今のまま、と考えています。

2021/4/1追記:2021/4/1より、ランドで「ミッキーのマジカルミュージックワールド」、シーで「ビッグバンドビート~ア・スペシャルトリート~」の公演が始まりました!
2021/7/2追記:2021/7/2より、ランドで「クラブマウスビート」の公演が始まりました!

 

2020年9月、オリエンタルランドは、パレード/ショーの出演者に対して、

  • 出演者を継続
  • 窓口業務等のアルバイトとして勤務
  • 9月末で退職

上記3つの選択肢を提示しました。

おそらく社内では、2021年度のパレード/ショーの詳細が決まっていて、その出演者への連絡も済んでいるものと思われます。

配役がある人は勤務の継続を望むでしょうが、それ以外の人にとっては、事実上の退職勧告です。

これほどまで出演者の雇用を切り詰めるということは、おそらく2021年度も、パレード/ショーはほとんど今のままではないか、という見立てです。

 

とはいえ、もう少し深くみている部分もありますので、ここからはそれをお話ししていこうと思います。

グリーティングは季節に合わせて変わる可能性あり

まず、ランドの「ミッキー&フレンズのグリーティングパレード」、シーの「ミッキー&フレンズのハーバーグリーティング」は、季節に合わせて内容が変わる可能性があると思います。

具体的には、音楽や、キャラクターのコスチュームが変わる可能性大です!

実際、ランドでは、2020/9/14~2020/9/30の間、「ベリー・ベリー・ミニー!」の音楽と衣装が、グリーティングパレードで使われました。

「ベリー・ベリー・ミニー!」は、休園期間中に終了を余儀なくされたイベントです(TT)

その他にも、今までグリーティングパレード(ランド)とハーバーグリーティング(シー)は、

  • 2020/11/10~2020/12/25→クリスマス仕様
  • 2021/1/1~2021/1/31→お正月仕様
  • 2021/5/12~2021/6/13→イースター仕様(シーのみ)
  • 2021/7/2~→「クラブマウスビート」仕様(ランドのみ)

と変化してきました。

こんな感じで、2021年度は1年を通して、グリーティングが変化するのではないでしょうか

エレクトリカルパレードは当面なしか

「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ」の開催は、まだ先になるとみています。

なぜなら、現行の「ナイトフォール・グロウ」でも、鑑賞ゲストがあふれているからです。

現在パークでは、ゲスト同士のソーシャルディスタンスの確保のために、鑑賞の際の立ち位置が指定されています。

約2メートルおきに地面にマーカーがあって、そこでしか観ることができません。

「ナイトフォール・グロウ」は、用意されたマーカーでは足りないくらい、人気があります。

それを、東京ディズニーランドパレードの代名詞・エレクトリカルパレードに変えたらどうでしょう。

観たいというゲストがさらに多くなって、鑑賞エリアの密が避けがたくなると思われます。

上に書いたコストの問題もありますし、当面の間は、「ナイトフォール・グロウ」を楽しめることになりそうです。

「ビリーヴ!~シー・オブ・ドリームス~」は縮小スタートか

新ナイトハーバーショー「ビリーヴ!~シー・オブ・ドリームス~」は、当面の間、規模を縮小して開催されるのではないかと思います。

具体的には、

  • 複数あるバージは、登場隻数を減らす
  • 水上バイク(もしあれば)はなし
  • ダンサーを減らす

こういった取り組みが考えられます。

新しいショーが始まるとなれば、それだけで人は集められますから、ここでも経費を削減する動きがありそうです。

とはいえ、「ファンタズミック!」後継のナイトショーということで、期待大です!!(^^)

 

ということで、今回はこれくらいにしようと思います。

何度も言いますが、これからのパーク運営に関しては、あくまで筆者の予想ですのでm(_ _)m

「ふーん、そんな見方もあるか」くらいにとらえていただければと思います!笑

 

パレード/ショーが少なくてちょっぴり寂しいパークの中でも、「アトラクションに乗りつくす!」「行ったことのないレストランに行ってみる」など、自分なりの楽しみ方を見つけていきたいですね(#^^#)